大学病院の医師求人事情

求人内容の把握が難しいのが、大学病院といわれています。理由は2つあり、まず国公立大学の場合の待遇面や業務面の「今後の想定」が難しいこと、そしてもう一つが国公立・私立にかかわらず「理事会の方針」で人事が唐突に決まってしまうという面です。

 

関西地区では、国立大学や公立大学病院職員の待遇が厳しい時期が続きました。これに対し、首都圏の私立大学病院では、得意分野を集中的に育てる教育が進み、診療科目ごとに医師の転職希望者の数がかなり異なるケースが出ています。

 

大学病院は、教育機関として教授になり、研究医・指導医として育っている人材が中心です。ですから、大学病院に転職希望の医師の場合は、大学での職責を十分に理解してから挑むのが必須条件です。教授会や各種委員会などの「習慣」に慣れないと、転職後がつらくなってしまうでしょう。

 

また、大学によっては「所属医師の出身大学がバラバラ」というところも少なくありません。こうしたところでは、かえって学閥がないこともあり、臨床に思いのほか力を注ぐことが可能なケースも多いのです。立地条件や家族との時間を考えて、大学病院に進むことも大切な転職のファクターといえるのではないでしょうか。